• 更年期女性外来

ご挨拶

院長 田中冨久子

院長 田中冨久子

旧年もコロナ禍の中で暮れ、そして第6波の予感に恐怖を感じつつ新年を迎えています。
もしかしたら今年もコロナウイルスと戦いながらの診療となるかもしれませんが、皆様のご協力をお願いしながら、頑張ろうと思っています。よろしくお願いします。

旧年は、女性ホルモン補充療法(HRT)がコロナウイルス戦略に有利に働く可能性を新年のご挨拶で述べました。
本年は、適切に行われているHRTは、決して1)発がんを増加させることはなく、逆に2)がんによる死亡を減少させる、ということをお話ししようと思います。
こうして、閉経後の女性にとってHRTが生涯にわたり健康に生きていく上で是非とも必要な治療であることを説明し、新年のご挨拶に換えたいと思います。

1) HRTと、がん発症率の関係
HRTの乳がん発症リスクは、生活習慣によるリスクの上昇と同等かそれ以下、ということがわかっています。

HRTのデメリットへの誤解が生まれた背景にあるのが、2001年にアメリカで発表された研究報告で、HRTを受けていない場合、1年で1000人中3人に乳がんが発症したのに対し、受けた場合は1年で1000人中3.8人に発症しました。でも、この増加は、飲酒や喫煙、肥満などによるがん発症の上昇と同等かそれ以下に過ぎないことが分かりました。また、子宮体がんについては、黄体ホルモンを併用することで、発症が抑えられ、むしろ減少することが分かっています。

乳がんと子宮体がんがこれまで発症率が増加すると誤解されてきたがんですが、他方で近年注目されてきたHRTとその他のがん発症率の関係があります。
それは食道がん、胃がん、大腸がん、そして、肺がんですが、HRTはこれらの発症を減少させることが分かってきているのです。つまり、大きなメリットがあるということです。

2) HRTと、がん死亡数の関係
日本における2019年の部位別がん死亡数の順位は、女性においては、1位;大腸がん、2位;肺がん、3位;膵臓がん、4位;胃がん、5位;乳がん、です

(国立がん研究センター)。この結果に、HRTを受けていた女性のデータが大きな部分を占めていたとは考えられませんので(なぜなら、HRTを受けている日本女性はたったの1.7%です)、明らかなことは、HRTは女性で死亡数の高い大腸がん、肺がん、胃がんを全て減少させるということです。
付け加えるならば、がん罹患数では、乳がんは順位1、子宮がんは順位5ですが、乳がんも子宮がんも死亡数順位では高いものではありません(上述)。
これは、たとえ乳がん、子宮がんに罹患してもがん治療の進歩により死に至る数は少ないことを示していると思われます。

3) HRTと、がんの関係について
以上をまとめますと、閉経後の女性がHRTを受けることは、がんの発症や、がんによる死亡を減少させる、ということが言えると思われます。  

田中クリニック横浜公園について

田中クリニック横浜公園の更年期女性外来では、ホルモン補充療法を更年期障害とその後の障害の根本療法ととらえて治療を行うとともに、漢方薬による治療、生活習慣の改善の指導などによる治療を行います。
男性医師にはなかなか相談しにくい・恥ずかしいなどで悩んでいる方、女性特有の症状を配慮し、女性医師が更年期診療を行います。

また、毎週木曜日には更年期男性外来も行っており「LOH症候群診療ガイドライン」に従って男性ホルモン補充療法など、症状に応じた診療を行っております。

糖尿病、脂質異常、高血圧などを中心とした生活習慣病(メタボリック症候群)や、風邪・頭痛・腹痛などの急性疾患に対する診療と共に、何科に行けばいいのか分からないなどのご相談にも応じます。
必要がある場合は、症状に応じて、最適な専門医療機関をご紹介させて頂きます。

更年期障害とは?

女性は生まれてから子ども時代を経て、思春期といわれる12歳前後で初めての月経(初経)を迎えます。その後、周期的な排卵と月経が30数年間、続きますが、40歳代後半から無排卵性の不規則な月経周期となり、50歳前後になると月経が永久に停止します(閉経)。閉経年齢は平均50歳で、一般に、閉経をはさんだ前後10年間(40歳代後半から50歳代前半)は更年期と呼ばれています。

更年期には、それまで卵巣で合成・分泌されていた卵巣ホルモンの分泌が減少し、ついには全く欠落する現象がおこります。卵巣ホルモンは女性ホルモンと一般に言われますが、卵胞ホルモンであるエストロジェン、とくに17ベーターエストラジオール(E2)※1と、黄体ホルモンであるプロジェステロン※2があります。エストロジェンの血液中の濃度が低下すると、①のぼせ、ほてり、発汗などの自律神経失調症状、②イライラ、抑うつ、不安などの精神的症状、そして、③手のこわばり、関節痛などの運動器症状、④性交痛、頻尿などの泌尿生殖器症状などなどを自覚するようになります。これらを更年期症状と言います。そして、これらの自覚症状をもたらす原因は、エストロジェン欠乏によって体と脳に起こっている病的な障害で、更年期障害と呼ばれます。
更年期症状は、女性の日常生活を、大変つらい、過酷なものにします。また、たとえ更年期症状を乗り越えたとしても、多くの場合は、さらに卵巣機能欠落症状として続きます。そして、更年期障害として始まった体と脳の病的な障害は、生涯、進行します。

※1 参考サイト 17ベーターエストラジオール(E2)厚生科学研究「畜産食品中残留ホルモンのヒト健康に及ぼす影響に関する研究」
※2 参考サイト プロジェステロン 札幌臨床検査センター

診療方針

 初診時に「問診票」と「SMI」という更年期のチェックシートを用い、症状の有無を確認します。更年期の症状は、卵巣ホルモン、特にエストロジェンの減少が背景にあることから、血液検査によって、E2の血中濃度とその分泌を支配する下垂体前葉ホルモンである卵胞刺激ホルモンFSHの血中濃度の動向を調べます。

また、更年期の症状は、甲状腺機能異常によるものとの鑑別が必要なため、甲状腺ホルモンであるT3とT4、加えて下垂体前葉ホルモンである甲状腺刺激ホルモンTSHの血中濃度も調べます。
さらに、脂質代謝の異常の有無を血中コレステロール/中性脂肪の測定により、糖代謝の異常の有無を血糖値、HbA1Cの測定により確認するとともに、骨密度や動脈硬化度を調べ、治療の方針を決めていきます。
なお、田中クリニック横浜公園では治療としてホルモン補充療法と漢方薬のどちらを選ぶかは患者様のお考えにしたがいますが、もし、ホルモン補充療法を選択される場合は、近年、ステロイドホルモン投与による血栓症のリスクが指摘されてきていますので、あらかじめ血栓に関する検査をさせていただき、治療中も定期的な検査を行います。

アクセス方法

横浜地図
田中クリニック横浜公園の詳しい地図はこちら