• 更年期外来/生活習慣病

ご挨拶

院長 田中冨久子

院長 田中冨久子

 当院は2011年新年に開院いたしましたので、今年は丁度10年目になります。
これまでの9年間に、沢山の更年期の女性たち、また、女性に比べると少数ではありますが男性たちにお会いし、皆さんの卵巣や精巣が分泌する性ホルモンがどれほど重要な働きをしているか、そのホルモンが欠乏したり、消失するとどれほどに体調が狂ってしまうのか説明しながらホルモン補充療法に当たって来ました。

 昨年は、女性の体調不振の中で、特に「物忘れがひどい」という訴えが心なしか増えたこと、そしてこの不振はエストロジェンという女性ホルモンの投与でいとも簡単に正常化することに私自身が興味を惹かれました。これは、もしかしたら、最近増加していると話題になっている若年性認知症の発症と関係があるのではないかと推測したからです。若年型認知症の25%がアルツハイマー型であるとも言われています。

 もともと私は脳の研究者で、それも特に性ホルモンが脳機能に及ぼす影響を研究してきました。外国での研究ですが、卵巣を手術で摘除したメスのラットでは、脳内の、記憶中枢とされている海馬のニューロンの、他のニューロンからの情報を受け取る「棘=とげ」の数が激減してしまうこと、そして、そのメスのラットにエストロジェンを投与すると棘の数が元に戻るということが、神経科学という領域の教科書に載っていることも知っていました。

 私と研究仲間は、このように卵巣を摘除したメスラットの海馬では、アセチルコリンという神経伝達物質の分泌量が激減してしまうが、エストロジェンを投与すると元に戻る、ということを見つけました。アルツハイマー型認知症の原因の仮説として、アセチルコリンの分泌の減少が有力です。

 更年期に物忘れがひどくなっても、エストロジェンの補充なしに放置したら、本当に認知症への道を進んでしまう可能性があるのではないかと考えると恐ろしいことです。そして、そういう物忘れがエストロジェン補充でごく簡単に回復してしまうのを見ることは大変な驚きでもあるのです。今年は、更年期の物忘れと若年性認知症の関係について世界の情報の収集に努めていきたいと思います。

アクセス方法

地図
詳しい地図はこちら